Case Study

「遺言書の署名・押印の場所について」

今回は、自筆証書遺言書の署名・押印の「場所」についての問題です。
署名・押印の場所は、通常は、遺言書の本文の末尾にするものであり、遺言書が2枚以上に渡っている場合には、最後のページの末尾にします。
なお、遺言書が複数枚ある場合には、それが連続していることを示すために、契印や編綴をしたりしておけば確実ですが、契印は、特に民法上の要件とはされていないため、例えば、糊付けして繋がっていたり、紙質や筆跡が同じで、内容に連続性があると認められた場合には、最終頁に署名・押印があれば、その遺言書は有効だと考えられています。
ところで、稀な例だと考えられますが、全文自筆で文言を記載し、日付を入れ、署名もしたものの、その下に押印がされておらず、しかし、封筒には押印がされていた場合には、有効と判断されるでしょうか。あるいは、署名も押印も、封筒にのみあった場合はどうでしょうか。
封筒の中身がすりかえられている可能性なども考慮され、原則として無効とするのが判例の立場と言えるようですが、遺言書と封筒が一体のものとして作成されたということが認められる場合には、遺言書本体に押印がない等の不備が救済されることがあります。
遺言書の有効性を争ったいくつかのケースでは、微妙な事実関係により、判断が分かれています。
遺言書の末尾に署名はあったものの押印がなく、にもかかわらず有効と判断された判例を見てみますと、遺言書が入っていた封筒の裏面には署名・押印がされていた上、封じ目の左右にも押印がされていました。これについては、本人の筆跡であることに争いがなく、また、重要文書であることを示すために、書簡の形式で本人から自宅に郵送されていたことなどから、裁判所(地裁、高裁、最高裁とも)は、遺言書と封筒が一体として見られるという判断により、差出人の同一性、真意性を認め、有効と判断しました。封筒への押印により遺言書が全体として完結したという結論を導いているものです。
反対に、封筒に署名・押印があるものの、これが遺言書と一体だと判断されず、無効とされたケースでは、封じ目に押印がなく、代わりに「封」と判読できる文字が書かれていました。そして、遺言書自体は、切り取られたカレンダーの裏面に書かれており、「遺言書」という表題や日付の記載はあるものの、一部に加入や訂正がされた箇所がありました(訂正印などもない)。更に、封筒は、検認前に開封されており、ほかの相続人に対し、検認のときまで原本が示されず、発見の時期などについても告げられなかったことなどから、裁判所は、遺言書と封筒とが一体のものとして作成されたとは認めず、所定の方式(民法968条1項)を欠くとして、無効としました。