Case Study

「マンションでのペットの飼育」 

最近は、分譲マンションで、犬などのペットを飼う人が増えてきています。トラブルが生じそうになった場合には、どのように対処すべきでしょうか。
まず、分譲マンションの場合には、各所有者の専有部分についてどの様に使用すべきかは、各個人の自由なので、他人に迷惑をかけない限り、また禁止の規約がない限りは、犬などの小動物を飼うことも認められます。
しかし、例えば犬は、鳴き声で他人に迷惑をかけたり、通路、階段、エレベーターなどの共用部分を通ることから、次第にペットを飼う人とそれに反対する人との間で摩擦が生じることになります。
 最終的には管理組合が、ペットの飼育を禁止するかどうか、あるいは飼育を禁止しない場合にはどのようなルールを定めるかについて、区分所有者に対して賛否を問うことになります。
区分所有者の集会において、区分所有者及び議決権の4分の3の賛成により、ペットの飼育禁止の規約が決議されることがありますが、これに対して、それまで飼育している所有者等が、承諾できないとして争うことがあります。
区分所有法では、「一部の区分所有者の権利に特別の影響を及ぼす」場合には、その承諾を得なければならないと定めているからです。
ペット愛好家とそうでない人の利害が対立した場合には、裁判所の判断に委ねられることになりますが、ある判決は、規約により不利益を受ける人が受忍限度を超えるような場合を、「特別の影響を及ぼす場合」としています。
 結局、ペットをマンションで飼うことは、他の区分所有者に有形無形の影響を及ぼしますので、飼育禁止の規約ができた以上は、それについて「受忍限度を超えている」として争う余地は少なくなります。
 このような利害調整のために、ペット飼育を集会で承認した上で、管理組合において飼育に関するルールを定めた細則を作成するものが多くあります。